頭皮ケアで大切な食生活

頭皮を含めた皮膚はタンパク質でできているので、毎日の食生活でタンパク質を摂取しなければ健康な頭皮を作ることができません。タンパク質は肉類や乳製品に多く含まれていますが、これらはたくさん食べ過ぎると脂肪分を過剰摂取してしまいます。せっかくharuシャンプーを使用しても食生活が乱れていると効果が十分に発揮できません。

 

エネルギーにならなかった脂肪分の一部は毛穴から皮脂として排出されます。あまりにも多くの皮脂が分泌されると、頭皮の毛穴が詰まって髪の毛の成長を妨げることにつながります。よってタンパク質を摂取する時は肉を始めとした動物性タンパク質だけでなく、大豆製品に含まれる植物性タンパク質もバランス良く摂取しなければなりません。また頭皮ケアでは乾燥対策も重要です。コラーゲンは皮膚に潤いを与える効果があり、食べ物で内側からもケアするのが良いです。コラーゲンを多く含むのは鶏皮やフカヒレ、豚足などです。食べ過ぎに注意すれば皮脂の過剰分泌を避けながら頭皮の乾燥を改善できます。haruシャンプーを使用して食生活も見直しましょう。

 

コラーゲンは体内で生成される時にビタミンCと鉄を消費するので、イチゴや柑橘類などからビタミンC、レバーや納豆、ほうれん草などから鉄を意識して摂取します。頭皮の血行が悪くてこれらの栄養素が送り届けられない場合は、悪玉コレステロールを減らして血行を改善するオメガ3脂肪酸を摂取します。オメガ3脂肪酸は青魚に多く含まれる良質な油で、亜麻仁オイルやココナッツオイルなどの調味油からも摂取できます。程よい油は乾燥対策にもなるので、質の良い油で調理します。デスクワークなどで目を酷使している人は、網膜を修復するのにメチオニンという必須アミノ酸を使うので不足しやすいです。必須アミノ酸は体内では作れないため、チーズや牛乳、レバーを食べて増やします。